チェックしよう!ヒアロディープパッチの安全性は?肌への負担は大丈夫?

チェックしよう!ヒアロディープパッチの安全性は?肌への負担は大丈夫?

チェックしよう!ヒアロディープパッチの安全性は?肌への負担は大丈夫?

 

 

貼ってお肌に潤いを与えるタイプのヒアロディープパッチには、シールにヒアルロン酸のニードル(針)がついています。

 

 

その針をお肌に直接刺すので、チクチク感を感じることがあります。

 

 

そんなヒアロディープパッチの安全性や、肌への負担は大丈夫なのでしょうか?

 

 

◆ヒアロディープパッチのニードル(針)について

 

 

針と言っても金属ではなく、マイクロサイズのヒアルロン酸の針です。

 

 

針の長さは200マイクロメートル、つまり0.2ミリなので、肉眼でやっと見えるか見えないかくらいのギリギリの境界線です。

 

 

ヒアルロン酸の針であるニードルは危険なものではないので、安全性については大丈夫です。

 

 

チェックしよう!ヒアロディープパッチの安全性は?肌への負担は大丈夫?

 

 

◆貼った時のチクチク感について

 

 

ヒアロディープパッチを貼ると、ニードルが肌に刺さるのでチクチクしますが、このチクチク感は危険なものではありません。

 

 

15分〜20分くらい続きますが、ヒアルロン酸の針が溶けだしてくればチクチクした痛みはなくなりますので、安全性については問題ありません。

 

 

◆間違った使い方による危険性

 

 

・貼った時にシールの上を強く押して密着させようとするのは、危険とはいかないまでも、肌に負担になる刺激を与えることになります。

 

 

公式サイトでは、ヒアロディープパッチを貼ったあとは、薬指と中指で軽く2、3回押さえて肌とシートを密着させるようにとありますが、本当にそれだけで十分です。

 

 

圧迫して強く密着させなくても、ヒアルロン酸の針は肌の角質層の奥にまで届いているので、効果を十分感じることができます。

 

 

 

 

・また、より安全性を重視するなら1週間に1回だけ使うのが基本ですが、効果を早く実感したい場合には、1日おきに1回だけ使うという方法もあります。

 

 

つまり2日に1回使うということになりますが、1週間に使う限度は3回までです。

 

 

しかも、1週間に3回使った次の週からはまた、1週間に1回だけの使用にもどすことによって、肌への負担は軽くなります。

 

 

それ以上にヒアロディープパッチを使っても大丈夫な人はいるかもしれませんが、肌への刺激が負担になるケースもでてきますから、安全性を重視して止めておいた方が良さそうです。

 

 

ヒアロディープパッチの効果は1週間くらい続くことからも、それほど頻繁に使用しなくてもいいと思われます。

 

 

・ほかには、ニキビや傷があるところは肌が炎症を起こしているので、その部分に刺激を与えるのはやめましょう。

 

 

ヒアロディープパッチのニードルはヒアルロン酸なので、数回ニキビや傷があるところに貼ったとしても悪化するようなことはないかもしれませんが、できるだけ刺激を与えないようにするにこしたことはありません。

 

 

チェックしよう!ヒアロディープパッチの安全性は?肌への負担は大丈夫?

 

 

◆まとめ

 

 

以上のことから、ヒアロディープパッチの安全性については大丈夫だと言えますね。

 

 

正しい使用方法を守って使えば、口コミにあるような「貼った部分がふっくらして小じわが目立たなくなった」などの効果が得られるので、今までより若く見られるようになるでしょう。

 

 

ヒアロディープパッチについて詳しく知りたい方は、レビューを見てくださいね。

 

 

 

要注目!ヒアロディープパッチ実際に試した!私の体験レビュー