知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

 

 

ヒアロディープパッチには、シートにヒアルロン酸のニードル(針)がついていて、それが肌に刺さることでヒアルロン酸が溶け出してお肌に浸透します。

 

 

その針というのは、肌に当たった時に痛いのでしょうか?あるいはチクチク・ヒリヒリするのでしょうか?

 

 

このことって、大変気になりますよね。

 

 

・チクチクするのはなぜ?

 

 

ヒアルロン酸の針の長さは200マイクロメートルで、分かりやすく言えば0.2mmです。

 

 

つまり肉眼でギリギリ見えるくらいの大きさなのです。

 

 

ヒアロディープパッチをしわが気になる部分に張り付けると、この針が皮膚のバリアを突破して、角質層まで直接ヒアルロン酸が浸透していきます。

 

 

これはマイクロニードル技術と呼ばれ、「痛くない注射」と言われています。

 

 

知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

 

 

しかし、皮膚を直接刺激するためどうしても軽いチクチク感があります。

 

 

このチクチク感は、針の先端が15〜20分ほどで溶けだしてお肌に馴染んでくれば無くなりますので、いつまでも続くわけではありません。

 

 

針が完全に溶けて成分が角質層まで浸透するには5時間ほどかかりますが、チクチク・ヒリヒリした感じは1時間もしないうちに収まります。

 

 

またチクチクした感じについては、思っていたほど痛くはないですし、間もなく治まることから恐れることはありませんよ。

 

 

知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

 

 

・ヒリヒリするのはなぜ?

 

 

ヒアロディープパッチを張ると、ヒリヒリすると感じる場合があります。

 

 

これは美容成分のヒアルロン酸が、肌の内部で水分を含んでふくらんでいるためです。

 

 

感じ方は人それぞれだと思いますが、この状態は浸透している状態です。

 

 

しかし、肌が乾燥している状態で貼ると、ヒアルロン酸の針が溶けるのに時間がかかりますから、ヒリヒリ感を感じる時間が長くなります。

 

 

それを少しでも防ごうと思ったら、しっかりと化粧水や乳液などで保湿してから貼るとヒアルロン酸の針が溶けるのが早くなるので、ヒリヒリ感を感じる時間も短くなります。

 

 

知っておこう!ヒアロディープパッチの針は痛い?チクチク・ヒリヒリする?

 

 

・まとめ

 

 

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸が針のようになっていますから、痛いというほどではなくてもどうしてもチクチク・ヒリヒリする感じはあります。

 

 

逆に言えば、全くチクチクもヒリヒリもしないようなら、シートの貼り方が悪くてニードル(針)がお肌に届いてないことも考えられます。

 

 

しかし、そんな時でも貼り直すと効果がなくなってしまいますから、シートの上からそっと押さえてみるだけにしておきましょう。

 

 

ヒアロディープパッチについては、レビューに詳しく書いてありますので見てくださいね。

 

 

 

ヒアロディープパッチ実際に試した!私の体験レビュー