実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

 

 

目元や口元にはしわができやすいのですが、鼻の付け根や鼻の周りにもしわはできます。

 

 

こちらのシワも一気に年齢を感じさせることになるので、とっても気になりますよね。

 

 

はたしてヒアロディープパッチは、鼻にも使えるのでしょうか?

 

 

鼻の付け根のシワも眉間やほうれい線やおでこのシワと同じで、主な原因はお肌の乾燥ですが、肌の老化によってできるものもあります。

 

 

十分に保湿された肌とは、適切な量の水分が保湿成分によって肌の中につなぎ止められており、さらに油分によって水分の蒸発が適度に食い止められ、お肌が潤っている状態のことです。

 

 

そのため保湿をしっかり行って、乾燥肌対策に力を入れることがシワの予防に有効なのです。

 

 

この対策には、ヒアロディープパッチが効果的です。

 

 

実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

 

 

ヒアロディープパッチは、世界初というヒアルロン酸でできたマイクロサイズのニードル(針)を、シートに並べて敷き詰めたものです。

 

 

そのシールをしわが気になる鼻の付け根に貼ることで、ニードルがしだいに溶け出して、皮膚の角質層の深部にヒアルロン酸を直接注入します。

 

 

これは痛くない注射と言われている方法です。

 

 

届くのは角質層の深いところなので、化粧品のように表面にだけではありませんから効果が違い、お肌が内側からふっくらします。

 

 

お肌がふっくらすることで、しわがピンと伸びて目立たなくなるのですね。

 

 

シワにニードルが直接あたってないところがあっても大丈夫、ヒアルロン酸や美容成分は角質層でシートの範囲くらいまで溶けて広がります。

 

 

角質層の厚みは0.2ミリ(200マイクロメートル)で、ニードルの長さも0.2ミリですから、肌のバリアを突破して美容成分を角質層の深部に届けることができるのです。

 

 

実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

 

 

しかし痛くない注射とはいうものの、貼ってから15〜20分くらいはチクチクした感じがあります。

 

 

ヒアルロン酸がお肌に刺さって全て浸透するまでは5時間ほどかかりますが、チクチク感は最初のうちだけですから心配することはありません。

 

 

ヒアロディープパッチは鼻にも使えることから、時々は鼻の付け根やまた鼻の周りなどにも貼って、ケアしてあげましょうね。

 

 

ヒアルロン酸は年齢とともに減少してしまいますので、そのままにしておくとしわになり、しわが深くなってしまいますから、早めのお手入れがベストです。

 

 

実際どうなの?ヒアロディープパッチは鼻にも使える?

 

 

ヒアロディープパッチには返金保証がついていますので、もしもお肌に合わなかった場合には、25日以内に申請すれば返金してくれます。

 

 

これなら安心して試せますね。

 

 

ヒアロディープパッチを試してみたい方や、ヒアロディープパッチについてもっと詳しく知りたい方は、下記のレビューを見てくださいね。

 

 

 

ヒアロディープパッチ実際に試した!私の体験レビュー