【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

 

 

ヒアロディープパッチは、目の周りや口の周りなど、小じわやほうれい線ができたところに貼るシートです。

 

 

しわができるのは皮膚が薄くてデリケートな部分が多いので、副作用の危険性はないのかどうか気になりますよね。

 

 

・副作用について

 

 

ヒアロディープパッチにはどんな成分が入っているのか、そこから副作用を調べてみました。

 

 

ヒアロディープパッチに配合されている主な成分は、ヒアルロン酸Na、グリセリン、コラーゲン、プラセンタエキスです。

 

 

ヒアルロン酸は副作用もなく安全なものですし、その他の成分についても、いずれも副作用の危険性のない美容成分ばかりでした。

 

 

しかし、もしもアレルギーがある人がいるかもしれないので、全成分を書いておきますから、そのような人は事前にチェックしておきましょう。

 

 

【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

 

 

<全成分>

 

ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、

 

アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、

 

ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

 

<オイルゲルシート部分>

 

スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、オリーブ果実油、(スチレン/イソプレン)コポリマー、などが使用されています。

 

 

以前、絆創膏や傷テープを貼ってかぶれたことのある人は要注意ですね。

 

 

【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

 

 

・使用の際の危険性について

 

 

ヒアロディープパッチとは、ヒアルロン酸でできたマイクロサイズの針を並べて敷き詰めたシートです。

 

 

それを肌に貼ることで、ヒアルロン酸とプラセンタなどの美容成分が皮膚に刺さって溶けだし、角質層の奥にヒアルロン酸や美容成分を届けます。

 

 

そのため肌がふっくらし、ハリが出てしわを改善させてくれます。

 

 

貼った直後の15〜20分くらいは、ニードル(針)が刺さった状態なので少しチクチクした感じやひりひりした感じがありますが、これは針がちゃんと刺さっている証しでもあります。

 

 

1時間もするとほとんど治まってきますので、副作用か?アレルギーか?などと心配する必要はまずありませんから、安心してくださいね。

 

 

チクチク感にしても、痛くない注射と言われているくらいなので、恐れることは全くありませんよ。

 

 

ヒアロディープパッチ実物

 

 

・最後に

 

 

これを書いている私もいま、ヒアロディープパッチをほうれい線と目の下にそれぞれ2枚ずつ貼って(計4枚)1時間が経ちました。

 

 

チクチク感はほぼ収まりました。

 

 

ただ、カット判(バンドエイド・傷テープ)などを貼ったとき特有の違和感(貼っている感)はずっと続きます(貼っているんだから仕方ないですよね 笑)むむ〜。

 

 

【要チェック!】ヒアロディープパッチに副作用はある?危険性は?

 

 

すっぴんの私…これはひどい、ひど過ぎますけど、がまんしてくださいね(笑)。 

 

 

悪しからず。(^_^;)

 

 

剥がしたくなるのをぐっとこらえ、これから就寝します。

 

 

効果が出るまでに5時間くらいはかかるそうなので、明日の朝が楽しみです。

 

 

下記のレビューには、ヒアロディープパッチについてさらに詳しく書きましたので、是非見てくださいね。

 

 

 

要注目!ヒアロディープパッチ実際に試した!私の体験レビュー

 

 

 

こちらの記事も見てくださいね。↓

 

 

【いま売れている!】くろあわわのレビューと実際に使用した感想