有効に!ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

有効に!ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

有効に!ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

 

 

使うからには効果的な貼り方をして、その効き目を最大限に有効に生かしたいものですね。

 

 

そこで、ヒアロディープパッチの効果的な貼り方を書いておきましょう。

 

 

・ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

 

 

1. まずはきれいに洗顔します。

 

 

タオルドライしたお顔に、保湿のために化粧水や乳液をつけます。

 

 

*ここでのポイントは、あらかじめ保湿をしておくことが大事なのですが、化粧水や乳液がお肌に馴染んでいないとシートがお肌に密着しにくくなりますので、スキンケアの後は5分ほどおいてからシートを貼りましょう。

 

 

また、油分が多い保湿クリームを塗ったあとは、シートが肌に密着しにくくなる場合があります。

 

 

そのため先にシートを貼った後、シート部分を避けて保湿クリームを使用しましょう。

 

 

ヒアロディープパッチを取り出したところ

 

 

2. シートの中央部にマイクロニードル(針)がびっしり並んでいますが、それに触らないように注意しながら透明フィルムをはがします。

 

 

3. 鏡に対して正面を向いて、剥がしたシートをしわの気になる部分に貼り付けます。

 

 

目の下に貼る場合は、目の際から3mmくらい離します。

 

 

またシートを伸ばして貼らず、そのまま置くようにしましょう。

 

 

*ここでのポイントは、貼ったときに位置がずれたからといってまた剥がして貼り直したりしないことです。

 

 

貼り直すとシートの粘着力が弱まる上、ニードル部分が角質層に届きにくくなるため、十分な変化を感じられない場合があるからです。

 

 

貼り付ける際はゆっくりと、一度で貼り付けるようにしましょう。

 

 

有効に!ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

 

 

4. 貼った後、より密着させるためにシート全体を、薬指と中指の二本で真上から軽く2〜3回押さえておきます。

 

 

*ここでのポイントは、何回も押さえたり、強く押し付けたりしないことです。

 

 

ニードルが溶けるまでには時間がかかります。

 

 

ニードル部分が小じわに直接当たっていなくても、ヒアルロン酸や美容成分はシートの範囲程度まで溶け出し、角質層まで広がります。

 

 

気になる箇所にニードル部分が当たっていなくても、シートが貼り付けられていれば問題ありませんよ。

 

 

有効に!ヒアロディープパッチの効果的な貼り方

 

 

・まとめ

 

 

貼り付けてから、ヒアルロン酸などの美容成分が完全に溶けてお肌になじむまでには、5時間ほどかかります。

 

 

そのため、まとまった時間がとれる就寝前に貼るのが効果的です。

 

 

最初の15〜20分は張ったところがチクチクした感じがしますが、痛くはありませんから安心してくださいね。

 

 

長くても1時間くらいでチクチク、あるいはヒリヒリ感は収まります。

 

 

涙袋

 

 

この写真は使用前です。↑

 

 

ちなみに私は、ほうれい線と目の下に貼ったのですが、1時間くらいヒリヒリした感じがありました。

 

 

ヒアロディープパッチ使用中

 

 

翌朝はぷっくりとした感じで、確かにしわは薄くなっていましたよ。

 

 

まだ一度しか貼っていませんが、これを続ければもっと効果が出るのかもしれませんね。

 

 

ヒアロディープパッチが気になる人は、レビューを見てくださいね。

 

 

 

ヒアロディープパッチ実際に試した!私の体験レビュー