気になる部分に!ヒアロディープパッチは目元以外にも使える?口元や口周りは?

気になる部分に!ヒアロディープパッチは目元以外にも使える?口元や口周りは?

気になる部分に!ヒアロディープパッチは目元以外にも使える?口元や口周りは?

 

 

ヒアロディープパッチは、目元の小じわに効果的だということですが、目元以外にも使えるのでしょうか?

 

 

例えば、口元や口周りにはどうでしょうか?

 

 

ヒアロディープパッチは、顔のどこの部分にでも使えるんですよ。

 

 

口元や口周りはもちろんのこと、ほうれい線、眉間、額など、しわが気になるどの部分にでも使用できます。

 

 

目元と同様に、口元や口の周りに使用することによって、まずは角質層に潤い成分が浸透し、肌の内側からふっくらと乾燥による細かいシワや浅いシワの改善ができます。

 

 

ただ、使い方の間違いで効果が出ないこともありますので、気を付ける必要があります。

 

 

ヒアロディープパッチを10円玉と比較

 

 

一度貼ったところが気に入らなくて剥がして貼り直すと、シートの粘着力が弱まる上に、ニードル部分が角質層に届きにくくなるため、十分な変化を感じられないことがあります。

 

 

保管の間違いで効果が出せない場合もありますので、高温多湿を避け、直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

 

 

ほかには、ヒアルロン酸でできたニードルは湿気に弱いので、内袋を開封した後はすぐに使用しましょう。

 

 

また、ニードルが溶けてしまうため、濡れた手で扱わないようにすることが大切です。

 

 

口周りといえばほうれい線も気になるところで、ほうれい線が目立つようになると一気に老けて見えますよね。

 

 

私はほうれい線の改善が目的でヒアロディープパッチを購入し、使用しました。

 

 

ヒアロディープパッチほうれい線に貼ったら

 

 

まだ1回しか使っていませんので、それほど劇的に改善された感じはありませんが、少しふっくらとしてしわが浅くなったようです。

 

 

こんなに深いほうれい線になる前に使用すれば、たった1回でもそれなりの効果を感じることができたかもしれないと思えます。

 

 

ヒアロディープパッチは8枚入っていいて、左右に貼るので1回で2枚使用しますが、あと何回か試してみることができます。

 

 

1週間後にまたチャレンジするつもりですので、その時には使用後をアップします。

 

 

早く効果を出したい場合は、1週間に2〜3回使用することも可能ですが、間は必ず1日は空けましょう。

 

 

効果を実感することができる目安としては、4回の使用で80%の人が何らかの変化を実感しているようです。

 

 

手術ではなくお肌への負担がない方法なので、やはり継続することが大切ですね。

 

 

気になる部分に!ヒアロディープパッチは目元以外にも使える?口元や口周りは?

 

 

ヒアルロン酸は、元々は肌の中に存在しているものです。

 

 

人間の細胞で自然産生されていますが、年齢とともに減少してしまいます。

 

 

ヒアルロン酸が失われた肌は保水力が落ち、乾燥や小ジワの目立つハリの無い印象になってしまいます。

 

 

いわゆる老け顔になるんですね。

 

 

これを防ぐには、美容整形のリフトアップ手術などは別として、ヒアルロン酸を定期的に補充することしかないようです。

 

 

しかもお早めのお手当が大切なことを実感しました。

 

 

あなたも気になる口元や口周りの小ジワに、リスクのないヒアロディープパッチを試してみませんか?

 

 

口コミについてのこんな記事も見てくださいね。

 

 

 

ヒアロディープパッチはおでこ・額のシワ取り効果ある?口コミは?