ホントに効く?ヒアロディープパッチはちりめんじわに効果がある?

ホントに効く?ヒアロディープパッチはちりめんじわに効果がある?

ホントに効く?ヒアロディープパッチはちりめんじわに効果がある?

 

 

ヒアロディープパッチは、しわやほうれい線に効果がありますが、ちりめんじわにも効果があるのでしょうか?

 

 

・ちりめんジワとは?

 

 

ちりめんじわとは、主に乾燥が原因とされている、目元にある薄い複数の小さなしわのことをいいます。

 

 

ちりめんじわは、肌表面の角質層の水分が不足することで肌が柔軟性を失い、そのためできてしまうとされています。

 

 

原因が肌の乾燥によるものですから、10代や20代といった若い人でも、年齢に関わらずできてしまう可能性があるのです。

 

 

ちりめんジワの対処法としては、肌の乾燥状態の対策をすることが大切です。

 

 

私のほうれい線

 

 

・ちりめんジワの対策

 

 

とにかく保湿が大切ですから、保湿成分配合の化粧品を使用するのがベストです。

 

 

しかし保湿といっても、例えばヒアルロン酸が入ったクリームなどでも、分子の大きさによっては角質層まで浸透することが困難な場合があります。

 

 

人間の肌の細胞は、250ナノメートルより大きい物体を通すことができません。

 

 

そのため、従来のように分子が大きな化粧品では、有効成分が肌の表面にとどまってしまうことになります。

 

 

「ナノ」とは、センチやミリなどと同じ数の単位の一つで、10億分の1を表しています。

 

 

つまり、1nm(ナノメートル)は、10億分の1メートルです。

 

 

最近ではナノ化された化粧品が多く出回るようになりましたが、ナノ化とは、物体をとても小さくする技術のことなのです。

 

 

こういったナノ化された化粧品なら、細胞と細胞のすき間をすり抜けて、時間とともに肌の奥まで浸透していくことが可能です。

 

 

ほうれい線にヒアロディープパッチを貼った!

 

 

・ヒアロディープパッチの働き

 

 

しかしヒアロディープパッチなら、もっと効率よく角質層の深部にうるおい成分のヒアルロン酸などの美容成分を届けることができます。

 

 

そのシートには、マイクロサイズのヒアルロン酸の針が敷き詰められていて、しわの気になる部分に貼り付けることによって肌に刺さり、肌のバリアを突破して直接角質層の深部に浸透します。

 

 

これは痛くない注射と呼ばれる、世界初のヒアルロン酸ニードル(針)による「マイクロニードル技術」です。

 

 

ホントに効く?ヒアロディープパッチはちりめんじわに効果がある?

 

 

お肌に貼りつけてから、ヒアルロン酸ニードル(針)が完全に溶けて成分が浸透するまでには5時間くらいかかりますが、確かな効果が得られます。

 

 

肌の内側からうるおい、乾燥を解消するので、乾燥によってできたちりめんじわの解消には効果的に働きます。

 

 

ヒアルロン酸には驚くほど高い保水力がありますから、継続して使用するうちに、さらにちりめんジワの予防にも有効な働きをしてくれるはずです。

 

 

ヒアロディープパッチについてもっと詳しく知りたい方は、次の記事も見てくださいね。

 

 

 

ヒアロディープパッチはおでこ・額のシワ取り効果ある?口コミは?